ランナーのための薬膳

記録が伸びない、つかれるというあなた。
食生活の見直しも大切です。

「ランナーのための薬膳」では筋肉を強化する、エネルギーをチャージするなど目的にあった薬膳ならではのおいしくて、ランナーのカラダづくりのためのメニューが続々…。
ランニングライフのさらなるステップアップに是非お役立て下さい。

862Kcal

vol.14<br>汗による夏の体力消耗を防ぐ

カテゴリ 夜ごはん

汗による夏の体力消耗を防ぐ

白身魚の梅しろきくらげあんかけ

レシピを印刷する

※パソコンでサイトをご覧いただくと、レシピを印刷していただけます。

材料2人分

■ 白身魚の梅しろきくらげあんかけ

  • 鯛……2切れ(いさきなどの白身魚でもよい)
  • (下味:塩 片栗粉適宜)
  • しろきくらげ……4g(乾燥)
  • えのき……50g
  • 大葉……5枚
  • キャノーラ油……大さじ1

■あん

  • 水……100cc
  • めんつゆ(3倍濃縮)……大さじ1
  • みりん…… 大さじ2
  • 梅干……2個
  • 水溶き片栗粉……小さじ2(片栗粉小さじ1を小さじ2の水で溶く)

作り方

白身魚の梅しろきくらげあんかけ

1

  • 鯛は水分をとって、下味の塩をふり片栗粉をまぶす。

2

  • しろきくらげは洗って、水で戻し小さく刻む。えのきは、石づきを取って1センチ位の長さに切る。大葉は千切りにする。

3

  • フライパンを熱し、鯛を両面こんがりと焼く。

4

  • あんを作る。梅干しは、種をとって叩き細かくきざみ、フライパンに水、めんつゆ、みりん、きざんだ梅干し、しろきくらげ、えのきを加えて火にかける。 
    2分ほど煮たら、水溶き片栗粉を加えてとろみをつける

5

  • 焼いておいた鯛に④をかけ、大葉をのせる。

補気滋陰・健脾養胃(ほきじいん・けんぴよういん)

暑い季節のトレーニングは、発汗が増えます。
薬膳の考え方では、汗には「気のエネルギー」と「体液」が含まれるため、夏のトレーニングは汗によるエネルギーの消耗を防ぐことが大切です。
エネルギーを作るもとになる食材とさらに消化の働きをスムーズにする食材で効率的に「気のエネルギー」を作りだし、酸味と甘みの味付けによって、不要な発汗を防ぎ、必要な体液をカラダに補います。
トレーニング後の疲労や消耗を防ぐために、ぜひ取り入れてみてください。

柱となる食材

食材メモ

鯛

「腎」を補って生命力を高める働きがあり、貧血や血の滞りの改善にも効果があります。良質のたんぱく質を含み、低脂肪なので胃腸の丈夫でない方にもおすすめです。胃腸の働きを高めて水分代謝を促します。タウリンやビタミンB1を含んでいるので疲労回復にも効果があります。

食材メモみりん

みりん

中医学には酸甘化陰という言葉があり、酸味と甘みを組み合わせることで、体液を増やしてカラダを潤すことができます。酸味は収斂(しゅうれん)作用があり汗の出すぎを止める働きがあり、甘味はカラダに潤いを与えます。酸味と甘みの組み合わせで熱中症、夏バテからカラダを守りましょう。

食材メモ梅干

梅干

カラダに潤いを与えて汗のかき過ぎや下痢による喉の渇きを癒します。梅の酸味は、クエン酸など有機酸によるもので疲労回復効果があります。水分代謝を整え消化を促し、食欲も高める作用もあるので、夏バテの改善にも効果があります。

先生プロフィール

薬膳料理

阪口珠未(さかぐち すみ)

株式会社漢方キッチン代表
文部省(現文部科学省)国費留学生として北京中医薬大学で中医学を学び、帰国後「おいしく、カラダとココロをリリースする」をテーマに漢方キッチンを設立。新聞、雑誌などに執筆多数。レストランメニュー開発、薬膳料理教室を中心に活動。著書に『子宮力アップレシピ』(主婦の友社)、『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』(ナツメ社)など。
http://kanpokitchen.com

バックナンバー

もっと見る