お灸とは

お灸は血のめぐりをよくし
カラダが本来持っているチカラを引き出します。

7月の冷え

7月の冷え

多くのランナーの方がお悩みの「冷え」
季節によって冷えは変わります。今回は、7月におこりやすい「冷え」についてお伝えします。

7月に入り季節はいよいよ夏を迎えます。
夏は四季の中もっとも暑い季節。今年は特にコロナウイルス感染症予防のため、マスクが必要いつもより暑さ感じるのではないでしょうか。

気候も暑くカラダに熱を帯び、カラダの中に熱がこもりやすいとき。
私たちは、カラダを冷やすためにクーラーや冷たい食べ物、飲み物でカラダを内側と外側のダブルで冷やし、胃腸の働きを低下させてしまいます。
夏はカラダを内側+外側のダブルの冷えによって、1年の中でもっとも冷えが進行する季節なのです。夏の冷えをいかに防ぎ、改善するかが「冷え」の最大の課題でもあるのです。

「夏の生活習慣」
1)冷房を使う→体を冷やす→汗をかかない→ むくみ→冷えむくみ
2)冷たいものを食べる、飲む→胃腸が冷え胃腸の働きが低下→栄養吸収ができなくなる→栄養不足→体力低下→夏バテ→秋バテ

7月の冷えでもっとも冷えるのが「お腹」。
手足はあたたかいのに「お腹が冷たい」ということありませんか それは、お腹が冷えている証拠。
夏にほしくなるいえば、冷奴、そうめん、サラダ、ビール、アイスクリーム、かき氷などお腹を冷やすものばかり。
整腸作用や栄養補給を期待して一年中、サラダ(生野菜)、ヨーグルト、野菜ジュースなどを召し上がっている方は要注意。
カラダに良かれと思って実行していることが冷えの原因になっていることが少なくないのです。

7月の冷えは「湿邪」と冷房と冷たい飲みもの食べものによる「寒邪」によって胃腸の働きが低下します。
胃腸の働きが低下すると胃腸の蠕動運動が低下して「胃もたれ」「腸もたれ」をひきおこします。
7月冷えのおすすめのツボにお灸をして、胃腸の働きを高めましょう。

7月の冷えにおすすめのツボ「中脘(ちゅうかん)」と「大都・太白(だいと・たいはく)」
胃腸の働きを高める
■「中脘(ちゅうかん)」の探し方
おへそに小指をあてて、親指までの指幅5本。親指があたっているところを目安にして指でやさしくなでるとへこみがあるところが中脘です。
https://youtu.be/dNqxG972f4g

腸の働きをうながし水分を吸収
■「大都・太白(だいと・たいはく)」の探し方
足の親指を曲げてできるシワの親指側が大都。かかとよりが太白です。
https://youtu.be/OFYa1_NzPjA

≪冷え暦12ヶ月≫
季節によって変わる「冷え」の症状とその改善のためのお灸のツボをはじめ、
冷えとりグッズ、冷え改善の食材などをご紹介。
https://sennenq-hiegoyomi.jp/

Back Number

過去の記事を読む

more