お灸とは

お灸は血のめぐりをよくし
カラダが本来持っているチカラを引き出します。

お悩みの症状「ひざ痛」

お悩みの症状「ひざ痛」

ランニングをしていてひざに違和感を覚えたことはありませんか?
ランニングは同じ動きをくり返し、着地の時などひざに大きな負荷がかかるスポーツです。
今回は、ランナーの方のお悩みでもっとも多い「ひざ痛」についてお伝えします。

ひざ痛には、ひざ関節の軟骨が傷つき炎症がおこる「変形性ひざ関節症」がよく知られていますがランナーで多いひざ痛はひざの外側が痛む「腸脛靭帯炎」やひざの内側の下の痛み「鵞足炎」などが多いのです。

ひざ関節は、人体の中でもっとも大きな関節で筋肉、靭帯、腱などで構成されています。
ひざ関節は常に体重を支え続けていますが、同じ動作をくり返すランニングでは、特に靭帯や腱に炎症がおこることがおおいのです。

ランニング中や後にひざに違和感を感じたら、休息をとりすぐにアイシングすることが大切です。またひざ痛は、筋肉のこわばりや筋肉がかたくなるなど血流が悪くなって痛みをひきおこすこともあるので血流を改善するお灸もおすすめです。

ひざ痛におすすめのツボ
※安静時でも痛みを感じる場合、炎症部位にはお灸しないでください。
ひざの外側の痛み(腸脛靭帯炎)
■「膝陽関(ひざようかん)」の探し方
椅子に座った姿勢でひざを伸ばします。ひざのお皿の一番高いポイントと同じ高さで、太もも外側の靭帯からやや後ろを指で押して、痛みを感じるところが膝陽関です。
https://youtu.be/bxsJK81DFIk

ひざの内側の下の痛み(鵞足炎)
■「犢鼻(とくび)」の探し方
ひざのお皿のすぐ下のへこみが犢鼻です。
https://youtu.be/qfQqrAp5pA0

「ランナーのためのとっておきのツボ」では、ひざ痛の他にランナーのかたのお悩みの症状のツボをご紹介しています。
ぜひ、ご覧ください。

Back Number

過去の記事を読む

more