ランナーのための薬膳

記録が伸びない、つかれるというあなた。
食生活の見直しも大切です。

「ランナーのための薬膳」では筋肉を強化する、エネルギーをチャージするなど目的にあった薬膳ならではのおいしくて、ランナーのカラダづくりのためのメニューが続々…。
ランニングライフのさらなるステップアップに是非お役立て下さい。

1232Kcal

vol.16<br>筋肉や骨の故障を防ぐための薬膳

カテゴリ 夜ごはん

筋肉や骨の故障を防ぐための薬膳

豚スペアリブのパイナップルジュース風味

黒米ご飯

豚ゆで汁で作るおぼろ豆腐ときくらげのスープ

レシピを印刷する

※パソコンでサイトをご覧いただくと、レシピを印刷していただけます。

材料4人分

■ 豚スペアリブのパイナップルジュース風味

  • スペアリブ……800g
  • 炭酸水……1リットル
  • しょうがスライス……2枚
  • ねぎの青い部分……5㎝
  • ■調味料
  • キャノーラ油……小さじ2
  • パイナップルジュース……200cc
  • たまり醤油……大さじ2半
  • みりん……大さじ2
  • 八角・シナモン……1本
  • クレソン……適宜(盛り付け)

■黒米ご飯

  • 米……2合
  • 黒米……大さじ4

■豚ゆで汁で作るおぼろ豆腐ときくらげのスープ

  • 豚ゆで汁……600cc(足りなければ水を足す)
  • すくい豆腐……1/2丁(200g)
  • きくらげ……5g
  • 塩・こしょう……適宜

作り方

豚スペアリブのパイナップルジュース風味

1

  • 豚のスペアリブを熱湯で表面の色が変わる程度にゆでる。
    ゆでたスペアリブを流水で良く洗う。

2

  • きれいに洗った鍋に①を入れ、炭酸水を注ぎ、しょうがのスライス、ねぎの青い部分を加えて蓋をずらして、中弱火で50分煮る。
    スペアリブを取り出し、スープは取っておく。

3

  • フライパンにキャノーラ油を入れてスペアリブの表面を焼く。
    調味料(パイナップルジュース、たまり醤油、みりん、八角・シナモン)を加えて、10分~15分煮る。
    調味料が少なくなって絡める程度までに煮詰める。

黒米ご飯

1

  • 米と黒米をとぐ

2

  • 2合の水加減に大さじ4の水を足し、30分ほど浸水してから炊飯する。

豚ゆで汁で作るおぼろ豆腐ときくらげのスープ

1

  • きくらげは洗って水で戻し、適当な大きさに切る。


2

  • とっておいたスペアリブのスープに、スプーンですくったおぼろ豆腐、きくらげを加えて煮る。

3

  • 塩、こしょうで味を整える。

4

  • スペアリブと黒米ご飯をワンプレートに盛り付け、クレソンをあしらう。おぼろ豆腐ときくらげのスープを器に入れる。

強筋骨・補血

薬膳では筋や骨は「腎」という臓器が支えていると考えられています。
そのため「腎」を強化する食材を食べることで、筋骨を強くして働きを良くすることができます。
骨付き、皮つきの肉や魚などがよく使われる食材です。
調理方法では、骨を酢酸やクエン酸で煮ることで、肉が柔らかくなるだけでなく、骨のカルシウムも吸収しやすくなります。
冬は生命エネルギーの源でもある「腎」にエネルギーを蓄えて、体力をつける季節でもあります。
来るべきレースに備えて、筋肉と骨の状態を整えましょう。

柱となる食材

食材メモ豚スペアリブ

豚スペアリブ

精力を司る「腎」の働きを補強し、「気・血」を補います。
「腎」を補うことによって老化の症状を改善できるので骨や筋肉の強化にもつながります。
スペアリブにはコラーゲンがたっぷり含まれているので、骨の質を高め丈夫にする働きがあります。
また、ビタミンB1も豊富で疲労回復にも効果があります。

食材メモ黒米

黒米

薬膳では、黒い食材は精をつけ「腎」の働きを助けてくれます。
気力を補って血行を促進し、疲労回復や老化防止に効果的です。
「腎」が弱ると骨が折れやすくなるので「腎」を強化することは大切です。
また、黒い色素であるアントシアニンには抗酸化作用があるので老化をまねく活性酸素の働きを抑えてくれます。

先生プロフィール

薬膳料理

阪口珠未(さかぐち すみ)

株式会社漢方キッチン代表
文部省(現文部科学省)国費留学生として北京中医薬大学で中医学を学び、帰国後「おいしく、カラダとココロをリリースする」をテーマに漢方キッチンを設立。新聞、雑誌などに執筆多数。レストランメニュー開発、薬膳料理教室を中心に活動。著書に『子宮力アップレシピ』(主婦の友社)、『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』(ナツメ社)など。
http://kanpokitchen.com

バックナンバー

もっと見る