ランナーのための薬膳

記録が伸びない、つかれるというあなた。
食生活の見直しも大切です。

「ランナーのための薬膳」では筋肉を強化する、エネルギーをチャージするなど目的にあった薬膳ならではのおいしくて、ランナーのカラダづくりのためのメニューが続々…。
ランニングライフのさらなるステップアップに是非お役立て下さい。

809Kcal

vol.03 レース前のスタミナ補給の食事

カテゴリ レース前

vol.03
レース前の
スタミナ補給の食事

豚肉の薬膳スタミナ丼

レシピを印刷する

※パソコンでサイトをご覧いただくと、レシピを印刷していただけます。

材料2食分

■ 豚肉の薬膳スタミナ丼

  • 豚ロース肉   …… 250g(しょうが焼き用)
  • キャノーラ油  …… 大さじ1
  • 雑穀ごはん大盛り…… 2膳
  • ブロッコリースプラウト
  • 貝割れなど   …… お好みで
  • 粉山椒     …… お好みで

■薬膳スタミナソース

  • 豆板醤     …… 小さじ1
  • にんにく    …… 2かけ
  • 白ねぎ     …… 80g
  • 醤油      …… 大さじ2.5
  • みりん     …… 大さじ2.5
  • 酒       …… 大さじ2.5
  • ごま油     …… 小さじ2

作り方

豚肉の薬膳スタミナ丼

1

  • にんにく、白ねぎをみじん切りにする。

2

  • 雑穀米を炊いておく。

3

  • フライパンにキャノーラ油を入れて熱し、豚ロース肉を中火で焼き取り出して食べやすい大きさに切る。

4

  • 薬膳スタミナソースをつくる。フライパンにごま油、にんにく、豆板醤を入れて弱火で炒める。次に白ねぎ、醤油、みりん、酒を加え沸騰したら③の豚ロース肉を加えて軽くからめる。

5

  • 火を止めて④の豚ロース肉を②で炊いておいた雑穀ご飯に乗せブロッコリースプラウト又は貝割れをのせお好みで粉山椒をふる。

    ※薬膳スタミナソースは密閉瓶に入れて冷蔵庫で1週間ほど保存できます。
    多めに作っておくと、蒸し鶏や厚揚げにのせるなどいろいろ使えます。

補気・消食

試合前のカーボローディングはランナーの常識ですが、意外に多いのがその後の消化不良やもたれなど。人によっては消化がスムーズにいかないことで、負担になることもあります。薬膳では、エネルギーと栄養を摂取する際には、食べた食材が「きちんと消化されること(消食)」が大事と考えます。今回は炭水化物をしっかり摂れる丼に消化を促進する、薬味をたっぷり使うことで、消化をサポートします。また、豚肉のビタミンB1がにんにくやねぎに含まれる成分、硫化アリル(アリシン)と結びつくことで、疲労回復、スタミナアップの効果があります。

柱となる食材

食材メモ豚ロース肉

豚ロース肉

豚肉には疲労回復ビタミンといわれるビタミンB1が多く含まれています。乳酸の除去や新陳代謝を活発にしてくれます。また、にんにくやねぎに入っているアリシンと一緒に食べることでビタミンB1の吸収を促してくれることにより疲労回復をアップしてくれます。腎の働きを補強し「気・血」を補うので、体力回復や滋養強壮に効果があります。

食材メモにんにく

にんにく

「気・血」をめぐらせカラダを温めて、五臓の機能を活性化する働きがあります。にんにくには辛味のもとのアリシンと、ビタミンB1も含まれているので二つが結びつくことでアリチアミンとなり、疲労回復効果はアップしスタミナが続くようになります。

食材メモ白ねぎ

白ねぎ

薬用野菜として用いられてきたねぎは、「気・血」のめぐりを良くしカラダを温める作用があります。ビタミンCは抗酸化作用がありカラダの調子を整えてくれます。また、アリシンが血行をよくし、疲労物質の乳酸を分解するのでビタミンB1の吸収を助けてくれます。

先生プロフィール

薬膳料理

阪口珠未(さかぐち すみ)

株式会社漢方キッチン代表
文部省(現文部科学省)国費留学生として北京中医薬大学で中医学を学び、帰国後「おいしく、カラダとココロをリリースする」をテーマに漢方キッチンを設立。新聞、雑誌などに執筆多数。レストランメニュー開発、薬膳料理教室を中心に活動。著書に『子宮力アップレシピ』(主婦の友社)、『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』(ナツメ社)など。
http://kanpokitchen.com

バックナンバー

もっと見る