お灸とは

お灸は血のめぐりをよくし
カラダが本来持っているチカラを引き出します。

理気 (りき)

理気 (りき)

コロナ感染予防のマスク姿で、ランニングをする方の姿を見かけることが多くなってきました。
久しぶりの練習などで、カラダが緊張し筋肉が固まっていたり、コリがでている方もいるのではないでしょうか

東洋医学には、理気(りき)という言葉があります。
理気とは、「気(動かす力、エネルギー)」の流れを調整し、スムーズにめぐらせること。

緊張して固まってしまった筋肉やコリを、東洋医学では、「気」を全身にめぐらせ、血のめぐりをよくすることでほぐし、カラダをととのえます。

ランナーのための薬膳では、「鯖と蓮根の黒酢炒めサラダ仕立て」を紹介しています。
今回の薬膳レシピでは、「気」を全身にめぐらせ、緊張をとり血のめぐりを改善してくれる鯖、蓮根を組わ合わせました。
また、筋肉の緊張をとり、血のめぐりを改善する効果ある酸味のある黒酢もはいっています。

■薬膳レシピ「鯖と蓮根の黒酢炒めサラダ仕立て」
https://sennenq-runners.jp/recipe/vol-18_rikimikatakori/

おすすめのツボ
■血のめぐりを改善してくれる「太衝」
ツボの探し方↓
足の甲の親指と人さし指の骨が交わるところから、やや指先よりのへこみが太衝です。
https://youtu.be/W9-cXscbi2w

■血のめぐりを改善してくれる「三陰交」
ツボの探し方↓
内くるぶしのいちばん高いところに小指をおき、指幅4本そろえて、人さし指があたっているところが三陰交です。
https://youtu.be/rGQr3P5_drk

■緊張をほぐしてくれる「労宮」
ツボの探し方↓
手を軽くにぎり指を折り曲げた時、中指の先が手のひらにあたるところが労宮です。
https://youtu.be/a1yJrahbxxE

Back Number

過去の記事を読む

more