お灸とは

お灸は血のめぐりをよくし
カラダが本来持っているチカラを引き出します。

マスク頭痛

マスク頭痛

新型コロナウイルス感染予防のため、ランニングの時もマスクを着用するのが当たり前となりました。
ランニング中になんとなく頭痛がするっていうことないですか?
今の季節は気温や湿度も高く、「マスク頭痛」で悩む方が増えています。

マスク頭痛とは、マスクが引き起こす頭痛のこと。
マスク頭痛には、さまざまな原因があります。
1)脱水症状・熱中症のようになることでおこるマスク頭痛
マスクを着けたままランニングすると、カラダに熱がこもりやすくなり、またマスクの下は湿度が高いため、ノドの渇きを感じにくくなって脱水状態や熱中症のようになることで頭痛がおこります。

2)二酸化炭素過多になることでおこる頭痛
マスクをしていると自分のはいた息を又吸うことになり、その結果二酸化炭素を多く含んだ空気が再び肺に入り、脳が二酸化炭素過多を感じて頭痛がおこります。

3)筋肉が緊張しつづけることでおこる頭痛
マスクをしている時は、常に耳にヒモをかけているため、両方の耳が固定されています。
すると、耳の周囲や側頭部の筋肉が緊張しつづけることで血のめぐりが悪くなり、頭痛をひきおこすことに
なるのです。

頭痛の原因ともなる、顔の表情筋をこわばりをゆるめてくれるおすすめのツボは「偏歴」と「天窓」です。
■「偏歴(へんれき)」
ツボの探し方↓
親指を上にして手首のくぼみと肘の曲りじわの先端を結んだ線の上、手首のくぼみから指幅4本のところが偏歴です
https://youtu.be/mc_XVS94CfI

■「天窓(てんそう)」
ツボの探し方↓
のどぼとけの高さの線と首を横に向けたとき浮き出る筋肉のきわと交わるところが天窓です。
https://youtu.be/YUx2Z9Xad0Q

Back Number

過去の記事を読む

more