お灸とは

お灸は血のめぐりをよくし
カラダが本来持っているチカラを引き出します。

黄砂

黄砂

今年は少しずつですがマラソン大会が動きだし、外で練習を再開されるランナーの方も多いのではないでしょうか

外で練習している時に、景色がぼんやりかすんで見えたり、黄色く見えるってことありませんか
今年は、コロナ感染予防と合わせて「黄砂」にも注意が必要です。

黄砂現象とは、東アジアの砂漠域(ゴビ砂漠、タクラマカン砂漠など)や黄土地帯から強風により吹き上げられた多量の砂じん(砂やちり)が、上空の風によって運ばれ、浮遊しつつ降下する現象を指します。
日本における黄砂現象は、春に観測されることが多く、時には空が黄褐色に煙ることがあります。
出典:気象庁ホームページ

黄砂は砂です。
その大きさは赤血球が8μm、スギ花粉が30〜40μmと比べると黄砂は約4μm以下ととても小さく細かいのです。
呼吸とともに体内へ侵入すると呼吸器系への影響に加え、花粉症などのアレルギー症状を悪化させることにもなるので注意が必要なのです。

飛沫が多い日は、外での練習を見合わせることも大切です。
気象庁のホームページでは、黄砂の飛沫状況を確認することができます。
外で練習する前にチェックしてみてください。

免疫力を高めてくれるおすすめのツボは、手のツボ「合谷」「労宮」足のツボ「足三里」にお灸がおすすめです。

■「合谷(ごうこく)」の探し方
親指と人さし指の骨がまじわったところから、やや人さし指よりのへこみが合谷です。
▼動画でみる
https://youtu.be/mtMToI_1XMo

■「労宮(ろうきゅう)」の探し方
手を軽くにぎり指を折り曲げた時、中指の先が手のひらにあたるところが労宮です。
▼動画でみる
https://youtu.be/a1yJrahbxxE

【足三里(あしさんり)の探し方】
ひざのお皿のすぐ下、外側のくぼみに人さし指をおき、指幅4本そろえて小指があたっているところが足三里です。
▼動画でみる
https://youtu.be/cXWKuuNd8Hw

Back Number

過去の記事を読む

more