お灸とは

お灸は血のめぐりをよくし
カラダが本来持っているチカラを引き出します。

寒暖差

寒暖差

どんどん昼と夜の寒暖差を感じやすい季節となってきました。ランニングをしていてもカラダに冷えを感じるのではないでしょうか

ヒトのカラダは、気温の低下に対応するためたくさんのエネルギーを必要とします。
カラダが寒さを感じた時はもう遅いのです。カラダが冷えを感じる前にしっかり対策しましょう。

江戸時代の健康バイブルでもある貝原 益軒の「養生訓」の中でも、外邪(風・寒・暑・湿)を恐れて防ぐことが大切と書かれています。

■三首(首、手首、足首)を温める。
三首の周辺は皮膚が薄く脂肪や筋肉がつきにくく熱が逃げやすいところ。
特に手首は、表面に血管が通っているため外気の影響を受けやすく。熱が逃げやすいところでもあります。
ランニングするときに「三首」を温めるように心がけてください。

■寒暖差疲労
今からの季節「寒暖差疲労」で悩むランナーの方も増えてきます。
寒暖差疲労とは、温度差によって自律神経の働きが乱れ、疲労が蓄積、さまざまな不調があらわれてくること。

自律神経は体温コントロールの働きもあり、寒暖差が激しいこの季節は、過剰にエネルギーを消耗し機能が低下して、カラダがだるいなどの体調不良をひきおこすことになるのです。

■おすすめのツボ
・手足の冷えを改善してくれる「合谷(ごうこく)」
ツボの探し方↓
親指と人さし指の骨がまじわったところから、やや人さし指よりのへこみが合谷です。
▼動画でみる
https://youtu.be/mtMToI_1XMo

・下半身の冷えを改善してくれる「三陰交(さんいんこう)」
ツボの探し方↓
内くるぶしのいちばん高いところに小指をおき、指幅4本そろえて、人さし指があたっているところが三陰交です。
▼動画でみる
https://youtu.be/rGQr3P5_drk

・元気のみなもと「気」が湧き出る「湧泉(ゆうせん) 」
ツボの探し方↓
足でグーをした時、足裏でいちばんへこんでいるところが湧泉です。足裏を3等分して約3分の1のところです。
▼動画でみる
https://youtu.be/qfEddzXy4mw

Back Number

過去の記事を読む

more