お灸とは

お灸は血のめぐりをよくし
カラダが本来持っているチカラを引き出します。

花粉症

花粉症

日本人の4人に1人がお悩みの症状「花粉症」
2月~3月にかけてピークをむかえるスギ花粉、多くのランナーの方もくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなど花粉症の症状に悩まされている方もおおいのではないでしょうか

花粉症とは、季節性アレルギー性鼻炎のこと。
スギやヒノキなどの植物の花粉を吸いこみ、粘膜が反応して、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状がおこります。

ランニング中は、歩いている時より呼吸がはげしくなるため、花粉を多く吸い込んでしまい、花粉症で悩むランナーの方が多いのです。
最近ではイネやブタクサなどの植物も原因になるため、7月ごろからの秋にも注意が必要です。

東洋医学では、過敏に反応をおこしてしまう体質に問題があるとかんがえます。
カラダの土台がしっかりしていれば、自然治癒力が高まり、アレルギー体質の改善もできるのです。

<花粉症対策>
1)花粉が少ないタイミングにランニングをする
2月になるとニュースなどで花粉の飛散量を伝えてくれます。こまめにチェックして飛散量が多い日などは、外でのランニングは避けてください。
また、花粉は午前中と日没後にピークを迎えます。この時間帯のランニングも避け、雨の日や朝などの花粉が少ない日にランニングするのがおすすめです。

2)マスクやメガネをつける。
環境庁の「花粉症環境保健マニュアル2019」によると、マスクをつけると花粉の量をおよそ3分の1~6分の1に減らすことができ、鼻の症状を軽くする効果があるとしています。
また、めがねも使用しない場合に比べると花粉の量をおよそ40%減少させることができるとしています。
ランニングをするときは、マスクやメガネをつけてください。

3)おすすめのツボ
体質改善のツボは、足の「大都・太白」「足三里」
■「大都・太白(だいと・たいはく)」
足の親指を曲げてできるシワの親指側が大都。かかとよりが太白です。
https://youtu.be/OFYa1_NzPjA

■「足三里(あしさんり)」
ひざのお皿のすぐ下、外側のくぼみに人さし指をおき、指幅4本そろえて小指があたっているところが足三里です。
https://youtu.be/cXWKuuNd8Hw

くしゃみ・鼻水・鼻づまりにおすすめのツボ「合谷」
■「合谷」
親指と人さし指の骨がまじわったところから、やや人さし指よりのへこみが合谷です。
https://youtu.be/Enn2xJJPsUM

目のかゆみにおすすめのツボ「厲兌」
■「厲兌(れいだ)」
足の第2趾、ツメの生え際の外側の角が厲兌です。
https://youtu.be/nTzBY5e3W18

Back Number

過去の記事を読む

more