お灸とは

お灸は血のめぐりをよくし
カラダが本来持っているチカラを引き出します。

補気(ほき)・添精(てんせい)

補気(ほき)・添精(てんせい)

今年の梅雨は連日湿度が90%超え、そして外での練習ではコロナウイルス感染症予防のためマスクが必要とカラダはいつも以上に疲れを感じているのではないでしょうか

東洋医学には、「補気(ほき)・添精(てんせい)」というコトバがあります。
「補気(ほき)」とは、気(生命の原動力やカラダを動かすエネルギー)を補うこと。
「添精(てんせい)」とは、精(生命力をうみだすもの)を補充すること。
「気」と「精」をおぎないレースに向けて心身ともにととのえませんか

今月のランナーのための薬膳では、「補気(ほき)・添精(てんせい)」の薬膳「鶏精(ジージン)」を紹介しています。
鶏精といえば、今台湾で有名な健康ドリンクのひとつ。
19世紀初めにイギリスの王室シェフが、国王の健康を考え、骨付きの鶏をじっくりと煮だしそのエキスを濃縮したチキンスープを作ったのがはじまりとされています。
鶏精には、疲労回復、体力・新陳代謝アップ、記憶力・集中力を高めるなどの効果があります。

■おすすめの薬膳レシピ「鶏精(ジージン)」
▼薬膳レシピはこちら
https://sennenq-runners.jp/recipe/vol-13_-hirokaifuku_jijin/
日々の生活にお灸とともに薬膳をとりいれ、食生活を見直してみませんか?

おすすめのツボは、気を補ってくれる「気海(きかい)」「足三里(あしさんり)」と精をおぎなってくれる「太渓(たいけい)」です。
■「気」を補ってくれるツボ「気海(きかい)」
「気海」の探し方
ひざのお皿の上、内側角にくすり指をおき、指幅3本そろえて、人さし指があたっているところが血海です。
https://youtu.be/LPZCxBehLMU

■「気」を補ってくれるツボ「足三里(あしさんり)」
「足三里」の探し方
ひざのお皿のすぐ下、外側のくぼみに人さし指をおき、指幅4本そろえて小指があたっているところが足三里です。
https://youtu.be/cXWKuuNd8Hw

■「精」を補ってくれるツボ「太渓(たいけい)」
「太渓」の探し方
内くるぶしとアキレス腱のあいだのくぼみにあります
https://youtu.be/WCQo56pzPuU

Back Number

過去の記事を読む

more