お灸とは

お灸は血のめぐりをよくし
カラダが本来持っているチカラを引き出します。

補気(ほき)・活血(かっけつ)

補気(ほき)・活血(かっけつ)

練習後やレースの後に、筋肉が疲労していたり、痛みを感じるということはありませんか、
そういう状況を東洋医学では、瘀血(おけつ)といいます。
瘀血とは、カラダの血液のめぐりがとどおこり、血行が悪くなっている状態で「血」が汚れていると考え、このようなときは、「補気(ほき)・活血(かっけつ)」することが大切なのです。

「補気・活血」とは、「気」動かす力、エネルギーをおぎないながら、「血」のとどこおりを除き血行のめぐりをよくすることをいいます。
練習後やレースの後に「補気・活血」に効果がある食材を食事に取り入れたり、お灸することがおすすめです。
そして今、注目されているのが「オメガ3脂肪酸」です。痛みや炎症を抑え、練習やレースで傷づいた筋肉の回復を早めてくれる効果などがあります。
「オメガ3脂肪酸」とは、必須脂肪酸のひとつでカラダの中でつくることができないため
食事から摂取しないといけないのです。
「オメガ3脂肪酸」は、さば・イワシ・サンマなどの青魚や、えごま油・亜麻仁油・くるみなどに含まれています。

■おすすめの薬膳レシピ「しめさばとクレソン・ナッツのえごまオイルサラダ」
この薬膳レシピには、オメガ3脂肪酸を含んでいるさばやえごま油、血行を高めて骨と筋肉を強くするアーモンドなどが入っています。
▼薬膳レシピはこちら
https://sennenq-runners.jp/recipe/vol-11_resugonokoshowofusegu/

また「気」を補ってくれるツボ「気海」、「気」を補ってくれるツボ「足三里」、「気」を補ってくれるツボ「血海」にお灸がおすすめです。
■「気」を補ってくれるツボ「気海(きかい)」
「気海」の探し方
ひざのお皿の上、内側角にくすり指をおき、指幅3本そろえて、人さし指があたっているところが血海です。
https://youtu.be/LPZCxBehLMU

■「気」を補ってくれるツボ「足三里(あしさんり)」
「足三里」の探し方
ひざのお皿のすぐ下、外側のくぼみに人さし指をおき、指幅4本そろえて小指があたっているところが足三里です。
https://youtu.be/cXWKuuNd8Hw

■「気」を補ってくれるツボ「血海(けっかい)」
「血海」の探し方
膝蓋骨(しつがいこつ)の内側、上端角から指幅3本上がったところです。
https://youtu.be/ZDTrmP0QqVg

Back Number

過去の記事を読む

more