お灸とは

お灸は血のめぐりをよくし
カラダが本来持っているチカラを引き出します。

日焼け

日焼け

季節は小暑を迎え、本格的な夏がやってきました。
紫外線の量がピークを向えています。大会や練習の時に日焼け防止対策を忘れないでください。

日焼けは紫外線をあびることで皮膚が赤くなったり炎症がおこります。
ランナーの方にとって体力消耗だけでなくシミやシワなどの原因にもなるので気をつけてください。
日焼け予防には、紫外線量が強い時間のランニングを避けたり、帽子や衣服、サングラス、日焼け止めを塗るなどの予防方法もありますが、アフターケアも大切です。

東洋医学には、活血(かっけつ)補血(ほけつ)という言葉があります。
活血とは、「血」のとどこおりを除き血のめぐりをよくすることを。
補血とは、「血」を補うこと。
日焼けをしたお肌には、新陳代謝を高めお肌のターンオーバーをスムーズにすることが大切なのです。
そのためには、「血」のめぐりを整えておくことが必要なのです。

ランナーのための薬膳では、血を増やしてくれるベリーや新陳代謝を高めてくれるアボガドを使った薬膳レシピを紹介しています。
▼紫外線対策のための薬膳 
「サバ缶とアボカドのトースト ミックスベリーのスムージー」
https://sennenq-runners.jp/recipe/vol-25_shigaisentaisaku/

血のめぐりをよくしてくれるツボは「血海(けっかい)」「三陰交(さんいんこう)」
・血海
ひざのお皿の上、内側角にくすり指をおき、指幅3本そろえて、人さし指があたっているところが血海です。
▼ツボの動画
https://www.youtube.com/watch?v=ZDTrmP0QqVg

・三陰交
内くるぶしのいちばん高いところに小指をおき、指幅4本そろえて、人さし指があたっているところが三陰交です。
▼ツボの動画
https://www.youtube.com/watch?v=rGQr3P5_drk&t=2s&autoplay=1

Back Number

過去の記事を読む

more