お灸とは

お灸は血のめぐりをよくし
カラダが本来持っているチカラを引き出します。

蓮の実

蓮の実

生薬として漢方薬にも使われている「蓮の実(はすのみ)」
蓮の実には、胃腸や腎の働きを高め、不眠やイライラ、疲労回復に効果があるのでランナーの方にとっておすすめの食材です。

蓮の実は、ハス属の植物。
お盆の花としても知られ7月上旬~8月中ごろに咲く蓮の花が、枯れたあとにできる種のこと。
花びらが落ちると、蜂の巣のような花托(かたく)があらわれ中に蓮の実がはいっており、根はれんこんになります。
その種は乾燥させ食用や漢方薬として使用されています。

蓮の実には、食物繊維やビタミンB1、カルシウムなどが豊富にふくまれ、蓮子(れんし)や蓮肉(れんにく)として呼ばれ、漢方薬にも使われています。

胃腸や腎の働きを高めて精力を補う作用があり、滋養強壮や下痢にも効果があり、五臓の心の機能をととのえる働きもあるのでイライラや精神不安、不眠も改善してくれます。
さらにビタミンB1や食物繊維も豊富に含まれているので疲労回復効果もあるのです。
日々の食生活に「蓮の実」をとりいれたメニューはいかがですか

■蓮の実を使った薬膳レシピ
「蓮の実とぎんなんの中華風炊き込みご飯」


<材料>
蓮の実     …30g(乾燥)
米       …2合
しょうが    …10g
ボイルホタテ  …100g
ぎんなん    …30g(ゆで)
醤油      …大さじ1
オイスターソース…大さじ1
みりん     …大さじ1
酒       …大さじ1
ごま油     …小さじ2
黒すりごま   …大さじ1

1)
蓮の実は洗って保温ポットに入れ、熱湯500ccを注いで1晩おく。
取り出して、浸出液と蓮の実を分ける。(急ぐ場合は3時間浸水してから20分ほど下茹でする)浸出液は残しておく。

2)
米をとぎ、しょうがを千切りにする。
ボイルホタテは小さいもので1/2、大きいもので1/4に切る。

3)
炊飯器に、②の米と①の蓮の実の浸出液と水をあわせて420ccにしたもの、蓮の実、しょうが、ボイルホタテ、ぎんなん、さらに醤油、オイスターソース、みりん、酒、ごま油を加えて混ぜ合わせる。

4)
炊飯モードで炊飯する。

5)
蒸らし終わったら黒すりごまを加えて混ぜ合わせる。蓮の実をつぶさないように優しく混ぜる。

Back Number

過去の記事を読む

more