お灸とは

お灸は血のめぐりをよくし
カラダが本来持っているチカラを引き出します。

足休息

足休息

秋が深まり、本格的なランニングシーズン突入で、大会や練習もハードになっていることと思います。走ったあとに「足がだるい」など足への疲れを感じてはいませんか。
 
足は両足で56個、片足で28個もの骨の組み合わせによって、内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチの3つの足アーチをつくっています。この3つの足アーチがバランスをとりながらカラダを支えています。大会や練習後の足の疲れには、この3つの足アーチが関係していることも多いのです。
 
正常な足アーチとは、土踏まずがあがっており、3つの足アーチがバランスよく保たれていることで足にかかる衝撃を吸収しています。
大会や練習などで長時間、足に負担がかかるとこの足アーチが元に戻る力が弱くなり、下がったままになると衝撃を吸収できなくなり、足の疲れやシンスプリント、足底筋膜炎などのケガにつながってしまいます。
 
運動後の疲労回復にはクールダウンをしてアイシング。アイシングによって傷ついた細胞や血管が一時的に収縮するため、炎症を押え、そのあとリバウンド効果で「血」のめぐりが活性化され筋肉にたまった疲労物質を排出、疲労回復を促進します。
 
近頃、大会やランニング後に足アーチを回復させるために、リカバリーサンダルを履く方も多いようですが、足の裏を鍛えるトレーニングや足の疲労回復にお灸もお役に立ちます。
 
足の裏を鍛えるには、タオルギャザーやカーフレイズなどのトレーニングをしましょう。お灸は「湧泉」のツボがおすすめです。
 
■「湧泉」の探し方
足でグーをした時、足裏でいちばんへこんでいるところが湧泉です。足裏を3等分して約3分の1のところです。
▼動画でみる
https://www.youtube.com/watch?v=qfEddzXy4mw
 

Back Number

過去の記事を読む

more