お灸とは

お灸は血のめぐりをよくし
カラダが本来持っているチカラを引き出します。

秋の養生 その1

秋の養生 その1

9月に入り季節は秋へと変わります。
少しずつですが、暑さもやわらぎマラソンシーズンも開幕です。
大会にトップピークをもってゆけるよう、夏から秋に向かう今、秋の養生についてお伝えします。

夏の疲れを引きずらない
今年の夏は猛暑だったため、例年より夏の疲れがどっとでてきます。
その疲れも、猛暑で体力を消耗し「気(エネルギー)」が低下してしまっているタイプ、冷たい食べものや飲みものが原因でカラダが冷え、胃腸の調子こわしたタイプの2種類があります。

猛暑で体力を消耗し「気(エネルギー)」が低下してしまっているタイプの方は、日々の食事を心がけることと、睡眠の質を高めることで「気」を増やすことが大切です。

「気(エネルギー)」を補ってくれる食材は、もち米、豆腐、鶏肉、かぼちゃ、きのこ類、山芋、里芋とねばねばした食材がおすすめです。

そしてシャワーですますのではなく湯船につかりカラダを温め、寝る直前のスマホを控え、睡眠の質を高めることも心がけてください。
■睡眠におすすめのツボは「失眠(しつみん)」
かかとの真ん中が失眠です。


冷たい食べものや飲みものが原因でカラダが冷え、胃腸の調子をこわしやすいタイプの方は、冷たいものをさけ、胃腸が弱っているので消化のよいものを食べるように心がけましょう。
また、白砂糖や乳製品はカラダを冷やす原因にもなるのでさけるようにしましょう。

■胃腸の働きを高めてくれるツボ「中脘(ちゅうかん)」
おへそに小指をあてて、親指までの指幅5本。親指があたっているところを目安にして指でやさしくなでるとへこみがありますそこが中脘です。


また、涼しくなったからと急に練習量を増やすとカラダにも負担がかかるので気をつけましょう。

Back Number

過去の記事を読む

more