お灸とは

お灸は血のめぐりをよくし
カラダが本来持っているチカラを引き出します。

9月の冷え

9月の冷え

多くのランナーの方がお悩みの「冷え」
季節によって冷えは変わります。今回は、9月におこりやすい「冷え」についてお伝えします。

季節が、夏から秋に変わるとともに、徐々に気温が下がり、空気も乾燥してきます。
空気が乾燥してくるともっとも敏感に反応してくるのが「呼吸器」
呼吸器とは、呼吸作用をいとなむための器官で、肺や気管支、咽喉などをさします。
他の内臓と異なり直接外の空気と接するため、空気の湿り気具合によって敏感に左右されます。

東洋医学では、肌表面のうるおいは呼吸器の好不調が反映されるとしています。
冷え症の自覚で多い「肌寒さ」「手足末端の冷え」はカラダを温めるはたらきのうち、呼吸器による肌表面のうるおい機能が低下していることにもよるのです。
これからの季節、「肌寒さ」「手足末端の冷え」を感じたら呼吸器のはたらきが弱ってきているサインかもしれません。

今から呼吸器のはたらきを高めてくれるツボ「太淵」にお灸して9月の冷え対策をしませんか

呼吸器の働きを高めてくれるツボ
空気の乾燥から呼吸器を守って、肌をあたためる力、うるおい力を高めるましょう
■「太淵(たいえん)」の探し方
手首の曲がりジワの上、親指側で、触れると動脈の拍動を感じるところが太淵です。


≪冷え暦12ヶ月≫
季節によって変わる「冷え」の症状とその改善のためのお灸のツボをはじめ、
冷えとりグッズ、冷え改善の食材などをご紹介。
https://sennenq-hiegoyomi.jp/

Back Number

過去の記事を読む

more