お灸とは

お灸は血のめぐりをよくし
カラダが本来持っているチカラを引き出します。

3月の冷え

3月の冷え

多くのランナーの方がお悩みの「冷え」
「冷え」ときくと寒い時期だけと考えがちですが、季節によって「冷え」は変わるのです。
「冷え」をそのままにておくとカラダの中に積み重なり、コンデイションが低下したり、代謝も落ちてしまいます。
今から、3月の冷え対策をしませんか

3月とは、木々が芽吹き、花が咲き一雨ごとに春の訪れを感じる季節。
気温や湿度が高くなってくるので、「冷え」は無縁と思いがちですが、熱の移動がスムーズにできないと、暖かくなる春でも「冷え」を感じ、時には冬より「冷え」を訴える方もいるほど。

冬は、寒さから身を守るためにカラダの内に熱を溜めておきますが、3月になると気温や湿度が高くなるため皮膚などが開き血行がよくなり、緊張がゆるみカラダ全体が温かくなり熱がカラダの外に向かって発散するようになります。

しかし、冷え症の方はこの熱移動がスムーズにできないために、胸や頭など部分的に熱を帯びたり部分的に「冷え」を感じるようになります。
特に頭痛、眼精疲労、めまい、耳なり、歯ぐきのはれ、首のコリ、肩のコリなど胸から上に不快な症状が起きやすく、また胸や頭に熱が集まりやすくなるため「胸がモヤモヤする、イライラする」「頭がカッカする」など、感情的になりやすくなりなったり、反対に「頭がボーッとする、フラフラする」「頭の中が白くなる」などものごとが考えられなくなったりもします。
カラダとココロの緊張をゆるめ、春の冷え症を改善しませんか

3月に「冷え」対策のおすすめのツボ
カラダとココロの緊張をゆるめ、体の熱の移動をスムーズにしてくれるツボ
■「太衝(たいしょう)」の探し方
足の甲の親指と人さし指の骨が交わるところからやや指先よりのへこみが太衝です。

カラダとココロの緊張をほぐして、自律神経を整えてくれるツボ
■「外関(がいかん)」の探し方
手の甲を上にして、手首にくすり指をおき、指幅3本そろえて人さし指があたるところが外関です。

もう少し暖めたいときにおすすめのツボ
■「太渓(たいけい)」の探し方 
内くるぶしとアキレス腱のあいだのくぼみが太渓です。

≪冷え暦12ヶ月≫
季節によって変わる「冷え」の症状とその改善のためのお灸のツボをはじめ、
冷えとりグッズ、冷え改善の食材などをご紹介。
https://sennenq-hiegoyomi.jp/

Back Number

過去の記事を読む

more