お灸とは

お灸は血のめぐりをよくし
カラダが本来持っているチカラを引き出します。

酸甘化陰(さんかんけいん)

酸甘化陰(さんかんけいん)

夏になると、ランニングやトレーニングでいつも以上に汗をかくことになりがちです。汗がとまらなくなると熱中症などの症状に陥ってしまうこともあるので、夏は汗をかきすぎないようにすることも大切なのです。
 

東洋医学では、酸甘化陰(さんかんけいん)という言葉があります。酸甘化陰とは、酸味と甘みの組み合わせること。
酸味には、収斂作用があり汗の出すぎを止める働きがあり、また甘味を組み合わせることでカラダにうるおいをあたえてくれます。
 

この時期、ランニングやトレーニングで失われたエネルギーをチャージしカラダの水分バランスをととのえてくれる酸味と甘みを組み合わせてとれる「梅ドリンク」がおすすめです。
 

梅の酸味と角砂糖やはちみちの甘味の絶妙なハーモニーの「梅ドリンク」
伝統的な健康食品の梅は、カラダにうるおいを与えてくれ汗のかきすぎによる渇きをいやしてくれ、又、梅特有の酸味には、疲労回復効果も高くつかれにくいカラダづくりに役立ちます。
さらに、水分代謝をととのえ、消化をうながしてくれる働きもあるので夏バテ予防としてもおすすめの食材なのです。
 

また、カラダの「水」のめぐりをコントロールしてくれるツボ「水分(すいぶん)」へのお灸がおすすめです。

■ 「水分(すいぶん)」の探し方
おへその上に親指をおき そこから親指1本上がったところが水分です。
▼動画でみる
https://www.youtube.com/watch?v=AU0TXvrwa5s&feature=youtu.be 
 
ランナーのための薬膳vol.7では「梅サワードリンク」の作り方をご紹介しています。ぜひご覧ください。
▼レシピをみる  

 

Back Number

過去の記事を読む

more