お灸とは

お灸は血のめぐりをよくし
カラダが本来持っているチカラを引き出します。

貧血

貧血

9月に入り涼しくなり、本格的なランニングシーズンが開幕します。
大会に向け練習量が増えてるのに、なかなか記録が伸びないとかペースが上がらない、疲れやすくなったなど思いあたることありませんか
それは「貧血」が原因であることも多いのです。
貧血はさまざまなことが原因でおこりますが、ランナーの方に多い貧血は「鉄欠乏性貧血」です。
 
貧血とは、血液中の赤血球の中のヘモグロビンが減少するとおこります。
ランニングを続ける時の筋肉は、通常より多くの酸素を必要とするためにヘモグロビンが不足してくると酸素を運ぶという運搬能力が低下し、疲れやすくなったり、スピードがアップしないなど運動能力がダウンすることになるのです。
ヘモグロビンは赤血球のなかの鉄をふくんだタンパク質のことで、カラダのすみずみにまで酸素を運ぶという大切な役割があります。
 
長い時間走ることによって筋肉に多量の酸素を運ぶためヘモグロビンが不足してきたり、汗や尿と一緒に鉄を排出するなどで、カラダの中の鉄が不足することでおこる。
貧血を予防するためには、鉄をふやすことも大切です。
 
ランナーにとってまず大切なのはバランスのとれた食事です。
バランスのとれた食事をとることで通常のランナーに必要な鉄は確保できるとされています。今一度日々の食事メニューをチェックした上で鉄分を多く含む食品をしっかりとるようにしましょう。
 
鉄を増やすためには、薬膳やお灸もおすすめです。
薬膳には「同じ類のものをもってそれを補う」という考えがあり「血」と同じ色の赤や黒の食材「レバー」「鮭」「マグロ」「黒きくらげ」「プルーン」などがおすすめです。
 

また、東洋医学では血が不足している状態のことを「血虚(けっきょ)」としています。。
貧血におすすめのツボは血の不足や循環をととのえてくれる「血海」と栄養ある血液をつくる「三陰交」です。
 
■「血海(けっかい)」の探し方
ひざのお皿の上、内側角にくすり指をおき、指幅3本そろえて、人さし指があたっているところが血海です。
▼動画でみる
https://www.youtube.com/watch?v=ZDTrmP0QqVg 
 
■「三陰交(さんいんこう)」の探し方
ツボのとり方内くるぶしのいちばん高いところに小指をおき、指幅4本そろえて、人さし指があたっているところが三陰交です
▼動画でみる
https://www.youtube.com/watch?v=rGQr3P5_drk

 

Back Number

過去の記事を読む

more