お灸とは

お灸は血のめぐりをよくし
カラダが本来持っているチカラを引き出します。

未病

未病

東洋医学には「中医は病気を治す、上医は未病を治す」というコトバがあります。
「未病」とは、病院に行っても「病気ではありません」といわれ、でも体調がすぐれないといった、いわば病気の前段階の状態のこと。
病気は突然あらわれるのではなく、その前にカラダは何かのサインをだしています。
冷えやめまい、耳鳴り、足腰のだるさや疲れなども未病のひとつ。
この「未病」の段階で対応すれば健康なカラダにもどすことができるのです。
西洋医学が病気になってから治療をはじめるのに対し、東洋医学は未病の段階で症状を改善する「未病治」が基本であり、病気に移行しないようにすることを理想の治療としてきました。
冷えやめまいなどのカラダからのサインを気のせいにするのではなく、カラダのバランスがくずれているサインととらえることも大切なのです。
お灸はつづけることで「血」のめぐりをよくし、カラダのバランスをととのえ「未病」の段階で症状を改善します。
体調をととのえる養生のツボは『足三里』,『合谷』のツボがおすすめです。

Back Number

過去の記事を読む

more