お灸とは

お灸は血のめぐりをよくし
カラダが本来持っているチカラを引き出します。

お灸で養生

お灸で養生

江戸時代のコトバに「養生のために灸すべし」とあり、お殿様もお灸をすすめていました。
かの松尾芭蕉も「奥の細道」の旅をしながら健康を守るツボとしてよく知られている足三里のツボに日々のお灸をかかさなかったそうです。
養生とは、毎日続けることで健康の増進をはかることです。
ほどよい温熱でツボをシゲキして、くずれたカラダのバランスをととのえ自然治癒力を高めることから養生のために日々のお灸がすすめられてきたのです。
症状を改善するお灸から、日々の健康を維持するためのお灸が注目を集めています。
日々のトレーニングにプラスしてお灸でカラダのバランスをととのえる養生のお灸をとり入れませんか?
ランナーの方におすすめの養生のツボは「三陰交」「大都・太白」「然谷」です。

Back Number

過去の記事を読む

more