お灸とは

お灸は血のめぐりをよくし
カラダが本来持っているチカラを引き出します。

お灸ってなにからできているの?

お灸ってなにからできているの?

お灸は、よもぎの葉の裏の綿毛だけをあつめた「もぐさ」からつくられます。
5月~7月によもぎをつみとり、葉と茎に分け、葉だけを乾燥させます。
よく乾燥して粉砕機にかけくだき、何度も臼(うす)でひきます。
最後は、唐箕(とうみ)で不純物をとりのぞき、葉の裏の綿毛だけをとりだしたものがお灸の原料「もぐさ」なのです。
生のよもぎ100kgから取れるもぐさはたったの500g。
貴重な自然のめぐみからお灸はつくられているのです。

Back Number

過去の記事を読む

more