お灸とは

お灸は血のめぐりをよくし
カラダが本来持っているチカラを引き出します。

東洋医学では「気・血・水」のバランスが
スムーズにめぐっていることが大切なのです。

「気・血・水」とは?

「気」とは、生命の原動力、カラダを動かすエネルギー、元気、気力のこと。
「血」とは、血液。栄養素をカラダ全体に運びます。
「水」とは、リンパ液や汗など 血液以外のすべての体液老廃物を体外へ排出します。
ランニングのあとは、疲労物質や老廃物がたまり筋肉が硬直、「血」のめぐりが低下します。
お灸は、温熱でツボをあたため、「血」のめぐりがよくなり、疲労物質などを回収し新鮮な栄養素を筋肉に届けます。
ランニングのアフターケアにお灸をとりいれて筋肉をリフレッシュしませんか?

Back Number

過去の記事を読む

more