method 03

正しいアフターケア

正しいアフターケア

走り終えたあとのアフターケアは、その日のためではなく、明日の走りを快適にするためにも
決しておろそかにしないようにしましょう。

ランニングのあとの筋肉は収縮し固くなっているため、そのままにしておくと、筋肉の柔軟性がなくなり故障の原因になります。

ランニングのあと、この収縮した筋肉を伸ばすストレッチで、縮んだ筋肉や腱が伸びやわらかくなると、「血」のめぐりが改善され筋肉にたまった疲労物質が排出され、回復を早めることができます。
又、フルマラソンやある程度の距離を走ったあとの筋肉や腱には小さな傷がたくさんでき、炎症をおこしています。

ランニングのあとの足がほてっているのはそのためです。
プロ野球のピッチャーが投げ終わったあと、大きなアイスバックで肩をアイシングしているのをよく見かけますが、ほてった筋肉を冷やすことで血管を収縮させ、傷ついた筋肉に流れ込む血液量を押え、炎症を最小限にして回復を早めるためです。

ランニングでもたくさん走ったあとはアイシングもとり入れてください。
アイシングはクールダウンのあとのまだカラダがほてっている間がおすすめです。

  • クールダウン

    走ったあとはすぐ止まることなく、リラックスして呼吸をしながら
    ゆっくり歩いてゆるやかに心拍数をさげていきます。

    クールダウンも良い姿勢を意識して。

    動画を見る

  • ふとももの裏側の筋肉をほぐすストレッチ

    腰をおろし、片足を前に出す。胸をはった状態で上半身を前に倒す。
    15~20秒×1セット

    上半身を左右にゆっくり動かすと、
    筋肉を立体的に伸ばすことができます。

    動画を見る

  • カラダの側面、臀部外側の筋肉をほぐすストレッチ

    足を前後に交差させ、後ろ足側の腕を上に伸ばす。
    カラダをおおきく横にそらせ、ゆっくり伸ばす。
    15~20秒×1セット

    上半身が前に倒れないように顔は正面を向く。

    動画を見る

  • ふともも前側の筋肉をほぐすストレッチ

    片足で立ち、反対側の足を後ろで持つ。
    15~20秒×1セット

    ひざが開かないように、平行を意識して。

    動画を見る

アフターケアの目的

  • クールダウン

    ゆっくり歩くことで筋肉が回復しやすい状態を作ります。ランニングで筋肉にたまった疲労物質を排出し、疲労回復をすみやかにします。

  • ストレッチ

    走ることで疲れ、固まって縮んでいる筋肉をほぐし伸ばし、筋肉の柔軟性を回復させることがすばやい疲労回復につながります。楽な姿勢で呼吸を止めずに行うことが大切です。

  • リラックス

    筋肉をほぐすことで肉体的に解放されると精神的な緊張もほぐれ、心身共にリラックスできます。アフターケアはあくまで力まずに、リラックスした、ゆったりした気分で行いましょう。

ランニング後
アフターケアのツボ

ランニング後のお灸は筋肉疲労を緩和、軽減します。ランニングという反復運動のくり返しによって筋肉にかかるストレスを解放するためには、三陰交三陰交大都・太白大都・太白然谷然谷とあわせてお灸するとさらに効果的です。

陽陵泉(ようりょうせん)

ツボのとり方
ひざの外側下にある骨のでっぱりのすぐ下のへこみが陽陵泉です。

動画で詳しく見る

  • 三陰交 さんいんこう

    ツボのとり方
    内くるぶしのいちばん高いところに小指をおき、指幅4本そろえて、人さし指があたっているところが三陰交です。

    動画で詳しく見る

  • 大都・太白 だいと・たいはく

    ツボのとり方
    足の親指を曲げてできるシワの親指側が大都。かかとよりが太白です。

    動画で詳しく見る

  • 然谷 ねんこく

    ツボのとり方
    内くるぶしのななめ前にある骨のでっぱりのやや、かかとよりが然谷です。

    動画で詳しく見る

おすすめのお灸

せんねん灸の奇跡 ソフト

もぐさを炭化することでせんねん灸オフシリーズ(当社従来品)に比べ煙のでないお灸です。お部屋でも気軽に使え、しかも温熱時間が長くなりました。せんねん灸の奇跡シリーズの中で一番温熱のおだやかなタイプです。

お求めはこちら

お求めはこちら

ランナーの
とっておきのツボ

せんねん灸からの提案

アフターケアのツボ

  • 明日の快適なランにそなえて

  • ランニングのあとのストレッチはランニングで固くなった筋肉をほぐし翌日につかれを残さないためです。
    しかし、ストレッチだけで筋肉の疲労はなかなか回復できません。硬直した筋肉は血のめぐりが低下しているため、筋肉にたまった疲労物質や老廃物が回収できず、又新鮮な血液や栄養分が届かない状況です。お灸は温熱でツボをあたため、血のめぐりをよくすることで筋肉をほぐし疲労物質を回収し血液によって新鮮な酸素と栄養分を筋肉に届け、筋肉をリフレッシュします。明日の快適なランにそなえて。せんねん灸がお手伝いします。

Back Number